転職と税金

意外と知らないテレビの仕事

刺激のない毎日。もっと刺激のある仕事をしたいな。 番組づくりに携わってみたいな。 あの芸能人とテレビつくりを通して仕事してみたいな。 一見華やかな世界。しかし相当ハードな仕事であるテレビ業界。 今回は、そんなテレビ業界についての情報をお届けます。

テレビの業界に携わりたい。

まず、テレビ業界という縛りで、テレビ局に転職しなくては! と気構えをする方もいるようですね。 もちろんテレビ局に入ることはとても難しいことです。 ただ、テレビ局に就職して何がしたいかを考えて動くことが大切です。 色々と耳にする中でやはり番組づくりをしたいという方が多いようでした。 となると、転職先はテレビ局ではなく、番組の制作会社への転職を考えましょう。 番組をつくるには、テレビ局のスタッフだけでは足りないため 基本的にはひと番組にいくつかの制作会社が協力して番組をつくっていきます。 そのため、制作を希望するのであれば、 制作会社の中途採用に応募することが近道でしょう。

技術職か演出職かによって就職先が異なる。

番組つくりたい。ということで制作会社を希望するも たくさんありすぎて、どれがどれか分からない。 そこで重要なのが、番組をつくっていく上でどの職を行いたいのかということです。キャメラマン・音響さん・照明さん・大道具さんなどの技術職か 番組進行・演出・制作管理などの制作業かで就職する制作職は異なります。 番組づくりをする上で何をやってみたいのか! そこをしっかり考えて動きましょう。 もし番組づくりをやりたいが、何をしたいか決まっていないという方は 番組の全体を把握しなければならない制作職からはじめましょう。 そこで番組を進行していく上、各スタッフの動きをみて 何になりたいかを見極めていくのも良いかもしれません。

どの制作会社がいいのかわからない。

制作会社といってもたくさんあるから、どれがいいのか迷う・・・。 基本的にはどの会社もやることは変わりません。 給料もそこまで変わりはありません。 勤務場所も基本的には各局の近くにありますので、 どこに就職しても変わりはありません。 ましては配属される番組によってはテレビ局通いになります。 ですので、ポイントとしては自分が憧れの番組を制作しているかどうか。 だけだと思います。 ただ好きな番組に配属されるとは限りませんので、お気をつけください。 制作会社は基本的に実力社会です。実力と信頼こそ大事な職業なのです。 実力をつけるための下積みと実力を仕事に活かして勝ち取る信頼で 次のステップに進めるように頑張りましょう。