転職と税金

秘書ってかっこいいけど何?

秘書というとぼんやりと偉い人につきっきりでアシスタントのような仕事をしていて、できる女という印象は持っている方が多いと思いますが実際にはどんな仕事をしているのでしょうか。ざっくりというと秘書とは上司の業務をサポートし、上司が最も大事な仕事だけに集中できる環境を作り出す役目を負っています。上司の仕事を円滑に進めるために秘書は上司の身の回りのスケジュール管理や来客・電話対応、文書の作成などの仕事がメインです。会社の代表などの偉い人たちの仕事は重要なものが多く、それをサポートする秘書の役割もとても重要で、その仕事の幅はとても広いようです。

秘書になるには

秘書になるのには必ずしも資格は必要ありませんが、きちんとしたビジネスマナーを習得していることや高い情報処理能力やコミュニケーション能力、場合によっては語学力も必要とされます。実際には秘書になる人や目指す人の多くは秘書に必要な能力を備えているということを証明できる秘書検定などの資格を持っていることが多いです。

秘書に向いている人物

秘書は上司の代わりに社外の人とコミュニケーションをとることも多いので、上司の評判を損なわないようにするためにも人間関係をうまく築くことが出来る人が向いているといえます。また、重役であればあるほど会う人の数も増えていき、そのうえで人の顔や名前、情報を覚えておける能力も非常に重要です。秘書の仕事は上司をサポートすることなので、言われた仕事をただこなせばいいというわけではなく、状況を瞬時に把握し今必要なことを自ら考えたり、先々の仕事をスムーズに進めるために手回しをしておいたり、とにかく必要とされることを先読みできる細かな気遣いが必要です。

秘書の収入

一般的な企業の秘書だと個人のスキルなどにもよりけりですが未経験の場合は年収250馬年~350万円程度の人が多いようです。経験を積むとさらに偉い人の秘書となることもでき、そうすれば年収が上がることも期待できます。外資系企業の秘書は日本の起業よりも高めの収入であることが多いようで、高いと800万円近い年収を得ることも可能です。 また、秘書は企業だけではなく国会議員にも就くことができ、公設秘書という国家公務員になることが出来れば最も高いと初任給42万円、年収672万円となっているようです。秘書というと女性がやる仕事という印象が強いとは思いますが国会議員の秘書の場合は実は圧倒的に男性の方が多いです。男性で秘書に興味がある方も是非チャレンジしてみてください!