転職と税金

女性のキャリアと転職

特に女性の場合は結婚や出産などのライフイベントは、仕事をしていく上で大きな影響があるものなので、それとどう向き合っていくかを考えることは非常に大切なことです。ライフイベントへの向き合い方や考え方は、人生の経験値や年齢の重ね方によって変わっていくものです。ですからライフイベントとキャリアプランを定期的に考え直すことは重要だと言えます。今回は女性のキャリアにおけるライフイベントについて説明したいと思います。

具体的な将来像をイメージしてみる

結婚や出産をしても仕事を続けたいと考えている女性ならば、まず自分がどういうキャリアを築いていきたいのか、そのプランを立ててからライフイベントについて考えることもいいでしょう。 キャリアプランやライフプランに対する考え方は人それぞれ。「あと数年はしっかり仕事で経験を重ねて、それから出産に備えたい」という人もいれば、「今の会社はいずれ辞めて違う職種に転職したいから、結婚などを考えるのは転職後のほうがいい」という人もいるかもしれません。 このような漠然としたイメージが出発点で構わないので、それをもとにより具体的な「自分はこうなっていきたい」という理想像を、数年後から十数年後まで書き出してみましょう。

ライフイベントとは何か

ライフイベントについて考える前に、そもそもライフイベントにはどのようなものがあるかを把握しておくことが大切です。これは大きく二つに分けることができます。 想定の範囲内のこと これは結婚や出産、育児休暇、転職など、人生において起こる可能性が高く、自分想定しておくことができるような出来事のことを指します。また、病気になってしまったり身内に不幸があったりという内容についてもこの範疇に入ります。 想定外のこと こちらは主に起こってほしくないような、不慮の事故や自然災害による被害、はたまた失業や離婚などが多くを占めます。しかし中には、スカウトされて芸能界に入るなど運が良いラッキーな出来事もあります。

変わりゆく流れに対応していく

ライフプランやキャリアプランを設計していくにあたって大切なのは、さまざまなライフイベントに対して臨機応変に対応していくことです。人生は仕事ですべて支配されてしまうわけではありません。ましてや場面場面でやりたいことや挑戦したいことも変化していくでしょう。そうしたタイミングできちんと自分の気持ちを向き合って、今と未来について考え抜くことが、人生を充実させるための大事なことだと言えると思います。