転職と税金

下町ロケットを探せ

2015年秋、世の中の町工場が熱狂するようなドラマがあった。それが、下町ロケット。下町ロケットは、元JAXA職員だった主人公が親の会社を継ぎ、そこから大企業と技術力で戦っていくというようなお話ですが、技術力日本ということを思い出した人もいるのではないでしょうか。中には刺激を受けて、技術者としてもう一度戦いたい。と思った人もいるのではないでしょうか。 日本には、まだまだ知らないだけで数多くの技術力の企業がたくさんあるのです。 その一方で、そんな下町ロケットのような会社あるのか?と疑問に思っている人もいるはずです。今回は、下町ロケットのような会社をいくつか紹介しましょう。

こんなにあった!下町ロケット企業 

私たちが知らないだけで、様々な会社が、技術を世界に提供しているというケースは 多くあるのです。大企業であれば、ある程度予想はつきますが、そうではない中小企業でも唯一の技術で戦っている会社が数多くあるのです。では、どのような業界にどんな会社があるのでしょうか。 (1) 自動車部品 自動車部品に関しては、お家芸と言われる日本。しかし、トヨタといった大企業だけがすごいわけではありません。彼らに部品を提供している企業が数多くあるのです。部品を提供している中小企業は様々で、中には、この会社が部品の80%を供給しているなんていう会社も実際にあります。自動車部品に絞って探すことも良いかもしれません。 (2) 電化製品部品 電化製品の部品も同様、日本の技術力に頼っているものも多くあります。この部品がないと成立が出来ないと言われる電化製品も数多くあるのです。電化製品の町工場もたくさんあります。 (3) 軍事関連 実は、軍事関連の部品を提供しているという町工場もあります。こうなってくると日本国内ということではなく戦いは世界へとなります。国内から様々な国の安全を守るために提供される部品が日本製であるということもあります。 (4) 伝統工芸品 日本の伝統工芸品を、今のカバンなどに取り込んで販売する動きが世界ではみられます。 取り入れるとなると、日本の伝統工芸品を作るノウハウを知らなければなりません。そんな時に実際に活躍している職人が注目を集めます。彼らの技術力が世界で使われセレブなどが愛する用品に変わるということは多くあるのです。

まとめ 

このように、世界では日本の小さい会社の技術力が必要とされるという状況は多々あると言えるのです。 自分の興味ある分野で、小さい会社が、大企業と戦っている。あるいは世界と戦っているそんな会社を見つけて、あえてそこに飛び込むということも1つの素敵な選択肢である  と言えるのではないでしょうか。