転職と税金

ブランクを強みに変える方法

 数年間育児に専念してきた中で、仕事に復帰することはストレスになってしまうのではないか?  と不安に思う人もいるようです。不安になることはありません。ブランクを恐れない方法を考えていきましょう。

ブランクの時、どう過ごしていたかを伝える 

同じ職場に復帰する人は、今までの仕事を思い出す作業や、仕事をする上での必要な情報を聞き出すという作業があるかと思いますが、改めて転職する人は、就職活動をする必要があります。その時何もしていないと確かに不利なことには変わりません。しかし、ブランクだから貰い手がいない。就職先が見つからないというわけではありません。その離れてきた期間、生きている上で何かしらの経験は積んできているはずです。その経験を話せばブランクの間が強みに変化するのです。

誤解をされない伝え方 

例えば、育児に専念していた際、PTA役員をやってメンバーをまとめていたということも十分な材料になります。それだけではありません、子育てで食事を工夫することで、嫌いな食べ物を食べさせることが出来たという体験談も強みになります。これらの体験談は、単なる子育て工夫のエピソードではなく、このスキルを活かすことで、この仕事ではどのような活躍を期待することが出来るのか?という話に置き換えることが出来るのです。そのため、ブランクだから転職が不利である。ということではなくて、 ブランク期間に過ごした経験は一体どんなもので、それをどのように活かすことが出来るかを面接の時に伝えれば、就職活動も怖いものではありません。

育児の間も貴重な時間 

再就職をする際、もしかしたら育児ということで、仕事から逃げていたと思われることが不安な人もいるかもしれません。しかし、育児というのは会社には貢献してはいないものの、1人の人間を育てるという大変な仕事をしていることに変わりありません。そのため、負い目に感じることは無くて良いのです。その期間で何を見て、何を感じ、どんな経験を得たか。それを仕事にどのように活かすことが出来るのか?を明確にすることができれば、再就職をした後でも仕事で「ブランクある人間は使えないな」と思われることはないのです。