転職と税金

たまに出てくる深夜のテレビで出てくる映画の宣伝の人って誰?

たまに深夜に映画を紹介する情報番組や宣伝番組、お昼の5分ほどの1コーナーなどで今週上映の注目の映画などといって、映画会社の宣伝担当の人が出てきて内容について解説していたりしています。あの人たちはだれなんだろうと思う人もいると思います。タレントでもなくて文化人でもなくて、サラリーマンのようで服装はラフだったり、なぞの人たちです。 そのような人たちは、多くの場合、映画会社の宣伝担当の会社員です。 映画会社には宣伝担当という部署があって、広報活動の一環としてメディアやイベントなどに出席してトークすることがあります。 なんかタレントになったようでいいなと思う人もいるかもしれませんね。ただ、内容などについて縛りや、言っていけない言葉などあるので、自由にかならずしもしゃべれるわけではありません。違っている内容などを言ってしまったら、映画の担当の人からクレームが入ったりするので、台本通りとはいかないものの、仕事として決まったことは言わないといけません。

映画の仕事における宣伝

映画というとまず監督を筆頭に撮影等の制作という仕事がまず、浮かびます。これがなくては映画自体がないのでもちろん必要不可欠です。そして、映画ができたら次に何をするか?多くの人に見てもらうという作業が必要です。このとき買い付け、ブッキングと言われる担当の人が、どのように映画館で上映するかというのを計算して、公開までこぎつけます。 んな層がターゲットとなる映画なのか分析して、上映する劇場のエリアや数を考えることなども必要となり、マーケティング能力などが問われます。 次に、この公開されている映画をどのようにして一般の人に知ってもらうか。そこで宣伝のお仕事が必要になります。映画館だけで公開していても、よほどの通の人でないと知ることはないのが現状です。テレビ、雑誌、ネットなどの媒体で広告を掲載したり、予告編を見せたり、さまざまな媒体を使って、多くの人の目に触れるか、行ってみたいと思わすかが重要となります。

映画宣伝マンになるには

多くの場合、映画配給会社に新卒で入社して、宣伝部に配置され、キャリアを積むのですが、 中途採用、アルバイトなどから、いかに自分が宣伝担当になりたいかアピールし、仕事を自分からやっていけば、徐々に仕事を任せられるようになっていきます。 また、宣伝マンや宣伝ウーマンという仕事として、手に職として生活している人々、つまり、会社に所属せずに、フリーで行っている方も多く存在します。